My Treasure~双子ちゃんが教えてくれたこと~

双子妊娠、出産、育児。双子育児に悩んでいる人へ

「大好きだよ」は魔法の言葉~双子育児に疲れたときそのたった一言に救われることがある~

 

 

育児って、子どもが何人であれとても大変で、どうしようもなく不安になったり、追われる毎日に疲れてしまうこともあると思います。

 

現在3歳の双子の女の子の育児真っ最中の私もそんな日々を過ごしています。

いい日もあれば辛い日もある。

だけど、3歳になってようやく救われる瞬間が増えるようになってきました。

 

それは『言葉』

言葉の力ってとても大きいこと、それが支えになること。

子どもたちが言ってくれる「ママ大好きだよ」、ママから言う「大好きだよ」その言葉で報われることもきっとあります。

f:id:ce-ciel:20190624110528p:plain

双子育児の辛かった出来事

私ははじめての育児で双子ちゃんと毎日生活をしています。

双子育児といえば、なんでもダブルなわけで・・・

 

ダブル泣き、ダブル反抗期、ダブルいたずらetc...

 

子どもたちの成長の過程としてどれも大切なことだとわかっていても、ついついイライラしてしまうもの。

せっかく片付けた部屋は瞬く間に散らかり、片付けは嫌がる。

新生児のうちは一人しか抱っこできないのにダブルで泣かれててんやわんや。

そして年齢が大きくなるとともに、声の大きさや反抗期具合はレベルアップしていく。

日常茶飯事の兄弟げんかにいたずら。

 

子どもに携わる仕事をしていた私でも、そんな毎日に疲れ果てて育児ノイローゼ気味になったこともあります。

自分を認めてあげられないのが一番辛い

f:id:ce-ciel:20190621203329j:plain

そんな毎日を繰り返していると、いろいろと考えてしまいますよね。

f:id:ce-ciel:20190624122925p:plain
ママ

子どもたちに伝わらないのは、私の育て方が悪いのかな?

 

 

そんな風に思ってしまっていたこともありました。

でも、そんな日々が続いて思ったことは、頑張っている自分を素直に認めてあげられない、すべてを自分のせいだと思ってしまうということが一番辛かったということです。

今双子育児に悩んでいるママさん。

真剣に子どものことを考えているからこそ、そう思ってしまうということを忘れないでくださいね。

目には見えないかもしれないけど、子どもたちに思いはきっと伝わっています。

 

 

 

間違ったと思ったら親も謝る

イライラして怒ってしまったら、素直に謝ればいいんです。

心がモヤモヤとするなら、怒りすぎてしまったこと、後悔していることを素直に子どもたちに伝えたらいいんです。 

f:id:ce-ciel:20190624122925p:plain
ママ

たくさん怒っちゃってごめんね

 
もちろん、その時は謝る余裕はないかもしれない。

それだけ目の前のことで頭がいっぱいになっているかもしれません。

気づいた時でいいんです。

寝顔を眺めているとき、子どもたちの悲しい表情に気づいたとき・・・

ふと我に返る瞬間は必ずあるから。

 

『大好き』は魔法の言葉

3歳を過ぎてからある日突然、我が家の子どもたちが私によく言ってくれるようになった言葉があります。

それは・・・

f:id:ce-ciel:20190624125753p:plain
あーちゃん

ママ大好きだよ

 

 

一日に何度も聞くその言葉は、私の心を癒してくれて、笑顔にしてくれる瞬間です。

 その言葉は、一言では表せないくらいものすごく大切な言葉で、幸せな気持ちになりますよね。

それは子どもも同じだと思います。

f:id:ce-ciel:20190624114721p:plain
ママ

ママもあーちゃんが大好きだよ

 

 

その魔法の言葉を子どもたちにとにかくたくさん伝えてあげてください。

生まれたばかりの赤ちゃんも少し大きくなった子どもたちも、ママに大好きだよって言われて嫌な思いをする子は絶対にいないから。

 

『大好きだよ』って笑顔で言える時間は、ママ自身の心もきっと癒してくれるはずです。

 

大丈夫、きっと乗り越えられるよ

f:id:ce-ciel:20190621202540j:plain

今こうやって双子育児のブログを書けるのは、子どもたちが3歳になって私自身ようやくというところがあります。

誰に何を言われても耳をふさぎたくなるときもあったし、どうせわかってもらえないって頑なに心を閉ざしてしまったときもありました。

 

「がんばれ」とかそんな言葉をかけられると余計に辛くなって、精一杯頑張ってるつもりでも私はまだまだなのかなって。

余計に戸惑うこともありました。

・いつも笑顔でいなきゃ

・いい母親でいなきゃ

・優しくしなきゃ

・私はもっとがんばらなきゃ

 

そう思うより自分なりに精一杯愛情を注いであげよう

このブログにたどりついてくれた人は、育児で自信がもてないと思っていたり、辛いという思いを持っている方が多いと思います。

辛いのはきっと今、この瞬間なはずです。

 

ママだって人間だし、育児に正解はありません。

だからこそ「大好き」というそのたった一言で大人も救われることがあることを忘れずにいてくださいね。

-思いはきっと届くと信じて-