My Treasure~双子ちゃんが教えてくれたこと~

双子妊娠、出産、育児。双子育児に悩んでいる人へ

流産を乗り越え双子妊娠~看護師さんからの心に残る忘れられない言葉と悲しみの先の2倍の喜び~

 

 

初めての妊娠は、不安もたくさん。

そして妊娠初期の流産も珍しいことではないといわれています。

私も流産を経験した一人でもあります。

 

初めての妊娠で流産を経験したときに、今でも心に残っている言葉があります。

今回は私の双子妊娠までの体験記です。

f:id:ce-ciel:20190624140048p:plain

妊娠初期の流産

流産は妊娠のうち約15%に起きる、そう珍しくない現象なのです。なかでも妊娠初期の流産は、主に受精卵・胎児に問題があって妊娠が継続できないケースが大半。受精卵の染色体異常や、胎児の臓器が育たないといった理由であり、妊婦さんが生活に気をつけたからといって防げるものではありません。

引用:妊娠初期流産 ゼクシィBaby | 妊娠初期の流産についての説明や妊婦さんの体験談

 

このことは、私もお医者さんから説明を受けました。

よくあることとわかってはいても、初めての妊娠に喜びを隠せなかった私はとても落ち込みました。

f:id:ce-ciel:20190624122925p:plain
志衣

私があの時こんなことしたから流産しちゃったのかな。

本当にできることはなにもなかったのかな?

 

 

 

とにかく悲しくて仕方なかった。

赤ちゃんが大きくなっていないという事実

自分のお腹の中で成長していくはずの赤ちゃんの成長が感じられないといわれたときのショックはとても大きくて、すぐに受け止められるものではありませんでした。

f:id:ce-ciel:20190624122925p:plain
志衣
赤ちゃんのお部屋はしっかりとあるのに、どうして?
f:id:ce-ciel:20190624141204p:plain
先生

妊娠初期の流産は悲しいけどよくあることなんです。

時間をおいてそれでも成長していなかったら流産の可能性が高いです。

 

 また再度診察をしてもらって私の流産は確定しました。

 

看護師さんからの心に残っている一言

病院だから我慢しようと思ったけど、なんでだろう。涙が止まらない。

受け入れたくない現実と受け入れなきゃいけない現実。

 

f:id:ce-ciel:20190624122925p:plain
志衣

よくあることってそんな一言で片づけられない。

どうしてだろう。

思い切って仕事辞めちゃえばよかったのかな。

ごめんね。ごめんね。

 

 

 

 

 

 

とにかく頭が真っ白になりました。

となりにいた旦那さんがどんな表情をしていたのかすら思い出せません。

ひとまず、病院のベッドで休ませてもらうことになり、私のことをベッドまで案内してくれた一人の看護師さん。

 

その看護師さんから言われた言葉が今も心に残って忘れられません。

 

f:id:ce-ciel:20190624142028p:plain
看護師さん

悲しいと思ったり、涙を流したりすることは、もうお母さんになったという証拠なんだよ。だから旦那さんも、その気持ちをわかってあげてしっかり支えてあげてね。

 

「妊娠初期の流産はよくあることだから」とか「また次があるよ」とかそんな言葉はいらない。

ただただ、自分がお母さんという立場への一歩を踏み出せたこと、そしてお母さんと認めてくれた看護師さんの温かい言葉と存在に私の涙腺は完全に崩壊しました。

 

まだ生まれてくる前の小さな小さな命を失った悲しみをしっかり受けてもらった

そんな気持ちになりました。

 

小さな小さな赤ちゃんに蒼空(ソラ)と名付けて、水子供養を行いお別れをしました。

「短い時間でもママのお腹の中で生きてくれてありがとう」という気持ちを込めて。

 

一緒に泣いてくれる存在

その日とにかく泣いて泣いて泣いて。

泣きつかれていつの間にか眠っていました。

翌日駆けつけてくれた姉も私の顏を見るなり、何も言わずにただただ一緒に泣いてくれました。

 

その存在にどれだけ励まされたかわかりません。

 

そんな存在が身近にいることに本当に感謝したし、だからこそしっかり受け入れて前を向いていこうって思えました。

 

 

 

それから数か月後奇跡の双子妊娠

流産したの2月末、私はその流産のあと年度末で仕事を辞めました。

少し心を落ち着かせながら子どもと携わる仕事から少し離れたかったから。

 

しばらくして2回目の妊娠が発覚。

うれしくてうれしくてたまらない反面、不安も多かったです。

最初は双子だということはわかりませんでした。

でも、前回とは違い順調に大きくなっていき、無事に母子手帳ももらうことができました。はじめての母子手帳をもらうときのあの瞬間って本当にうれしいですね。

とても感動したのを覚えてます。

 

それからしばらくして、つわりが軽くなったような気がして不安になって病院へ。

そこでモニターに映るもう一人の赤ちゃん。

f:id:ce-ciel:20190624143040p:plain
志衣

あれ?

これって前の妊婦さんのだよね?

私のではないよね??

 

 

 

 

 

f:id:ce-ciel:20190624143558p:plain
先生

あ!双子だ!!もう一人隠れてた

 

f:id:ce-ciel:20190624144203p:plain
志衣

えーーーーーーーー!!!

いやいや、先生隠れてたってどういうことですか(笑)

まだ心の準備が・・・

 

 

 

 

f:id:ce-ciel:20190624144219p:plain
先生

母子手帳もう一冊もらってきて!あと大きい病院に転院ね!

 

 

旦那よりも先に母に連絡してびっくりされ、姉に連絡してびっくりされ、そして仕事から帰ってきた旦那さんに報告をしました。

f:id:ce-ciel:20190624143040p:plain
志衣

今日病院に行ったらね

まさかの双子ちゃんって言われたよ(笑)

 

 

 

 

f:id:ce-ciel:20190624144250p:plain
旦那

・・・・・・・・・・。

 

 

 

いやいや、無言ってどういうことですか(笑)

30分くらい何も話せなくなってしまった旦那の反応が面白すぎて今も笑えます。 

 

悲しみを乗り越えた先に感じた2倍の喜び

すごくすごくこれまでに感じたことのないくらいの悲しみを感じたけど、蒼空が教えてくれたこともものすごくたくさんありました。 

・命について改めて深く考えさせてくれたこと

・すぐ身近な大切な存在

・お腹に命が宿るという不思議と当たり前のことではないということ

 私は、蒼空が双子ちゃんを連れてきてくれたんだと思っています。

お腹の中で二つの命がそれぞれ育っていってくれる不思議を感じながら、その2倍の喜びを感じていました。

 

辛いことにもきっと意味があって、乗り越えた先に幸せがあると感じられました。

子どもの力って本当に偉大です。

 

私が流産を乗り越えられたのは
・流産後に結婚式という特別なイベントがあった
・思い切って仕事を辞めた
・たくさん泣いた
・人に話すことができた

・一緒に泣いてくれる人がいた

その期間の間にたくさんの出来事があって、そのひとつひとつの出来事が私の支えとなり、前を向こうと思えたことが一番大きかったと思いました。

 

ずっと伝えることを控えていた流産の話

f:id:ce-ciel:20190624150134j:plain

私が流産をしたという話は、ごくわずかな知人にしか話していません。

自分がその辛さを受け止め切れていなかったからかもしれません。

 

そして心配をかけるのもすごく嫌だった。

 

でも、それから月日が経って今こうやってブログに綴ることができました。

 

大きい病院に転院して、2か月間の管理入院の中でたくさんの妊婦さんとお話することができました。

みんないろいろなことを抱えていました。

 

双子妊娠、高齢出産、切迫早産、切迫流産、繰り返す死産などなど。

デリケートなことなので、私が偶然そうだっただけかもしれませんが、そのことを隠さずに話してくれる方が本当に多かったです。

だから私も素直に話せました。

理解してくれる誰かに話すことで、改めてしっかり受け止められたことを確認することができたように思います。

 

辛い管理入院でしたが、たくさんの出会いがあってたくさんのことを知って、今こうして双子ちゃんたちと生活できている日々がどれだけ幸せなことかを考えさせられます。

 

これから先もずっと私は蒼空のママであることに変わりはありません。

蒼空が教えてくれたことをしっかりと心に刻んで、子どもたちとともに歩んでいきます。

 

ー蒼空、これからも私たちを見守っていてねー