My Treasure~双子ちゃんが教えてくれたこと~

双子妊娠、出産、育児。双子育児に悩んでいる人へ

ドライブ中の双子のダブル泣きに困惑~嫌がるときの対処法とパターン別チャイルドシートの選び方を考えよう~

 

 

子どもたちが退院して、いよいよ今日から自宅での育児がスタートするその瞬間から車での移動の場合はチャイルドシートが法律で義務付けられているので必要になります。

 

私が住んでいる地域は、スーパーも車がないと不便なので、車は必須アイテムです。

しかし、いざチャイルドシートを使ってみると、赤ちゃんがイヤイヤしてしまったり、成長とともに買い替えなければならないこともあると思います。

 

今回は、そんなチャイルドシートを嫌がるときの対処法とパターン別のチャイルドシート選びについて考えてみました。

これからチャイルドシートの購入をされる方はぜひチェックしてみてくださいね。

f:id:ce-ciel:20190707120341p:plain

チャイルドシートの着用義務は何歳まで?

着用の義務があるのは、ほとんどの方がご存じのことと思います。

ただ、あまり詳しくはわからないという方もいると思うので、チャイルドシートの着用義務について調べてみました。

道路交通法では、チャイルドシートの着用義務は6歳になるまでですが、6歳になったからといって、すぐにチャイルドシートの使用をやめるのはおすすめできません。なぜなら、車に取り付けられている大人用シートベルトは、身長約140cm以上の体型を対象に作られているからです(※2)。
そのため、140cm未満の子供が大人用のシートベルトを使用すると、万が一事故が起きたときにシートベルトの正しい効果が発揮されず、首の骨や内臓を傷つけてしまう危険性があります。6歳を過ぎても、身長が140cm未満のうちは、チャイルドシートやジュニアシートを使用するようにしましょう。

 引用:チャイルドシートの義務年齢は何歳まで?法律違反は罰金? - こそだてハック

 

6歳とはいえ、子どもの体にあったベルトの着用を促して、安全を守りたいですね。

 

我が家の双子の得意技『脱走』

最初のうちはおとなしく乗っていてくれたのに、成長とともにチャイルドシートを嫌がるようになりました。

通常の肩ベルトをさらにタオルなどで固定しても、泣きながら子どもたちはそのベルトを抜け出していくのです・・・。

車内でのダブル泣きはステレオ状態・・・。

f:id:ce-ciel:20190624144203p:plain
ママ

これは困った!!まだ3歳なのに~

 

 

長く使えるタイプのチャイルドシートを使っていましたが、それを買い替えてシートベルトで固定するタイプのものにしたら、落ち着いて乗ってくれるようになりました。

f:id:ce-ciel:20190624195525p:plain
ママ

チャイルドシートの肩ベルトが嫌いだったのね

 

 

義務付けられているし、子どもたちの安全を考えたら、チャイルドシートはとても大切です。でも選ぶものによっては、買い替えをせざるを得ないものもあります。

購入してから失敗したということがないように、チャイルドシートを選んでいきましょう。

 

子どもがチャイルドシートを嫌がるときの対処法

まず、チャイルドシートを選ぶ前に、もし自分の子どもがチャイルドシートを嫌がったらということについて考えてみたいと思います。

嫌がる理由は?

・チャイルドシートに乗り慣れていない

・抱っこじゃないと不安

・固定される感じが窮屈で乗りたくない

・ママと離れるのが不安

・チャイルドシートの感覚が合わない

・双子のつられ泣き

・おもちゃや絵本を落として取れない

などなど

様々な理由が考えられます。

 

どうして嫌がるのかなというのを考えてみましょう。

とはいえ、赤ちゃんはまだ言葉を離せないので、理由がわからないときもありますし、片方が泣いてればなんだか自分も泣きたくなってきたということも考えられます。

 

3歳のうちの双子がもっと小さいときは、抱っこがいいと泣くことが多かったです。

それが今ではチャイルドシートに乗らなければいけないということを理解してきたこともあり、絵本やおもちゃを落としたことで「取れない」と泣くことが増えてきました。

泣く理由も年齢などによって様々ですね。

 

大泣きしたときの対処法

原因がわかれば少しは対応も楽だけど、そうもいかないときにできることをまとめてみました。

・お気に入りのおもちゃを渡してみる

・飲み物を与えてみる

・話かけたり、手を握ったりしてあげる

・好きな音楽や音を聞かせる

・外の景色に目を向けさせる 

・泣いても落ち着くまでそっとしておく

・一旦車を止めて気分転換をする

・少し窓を開けて風を当ててあげる

・顏がみれるようにベビーミラーをつける

などなどです。

双子の場合だと、車種によって後部座席が埋まってしまうことと二人が平等でないと喧嘩の原因になることからどうしてもお母さんが助手席に乗らなければいけないということもあると思います。

f:id:ce-ciel:20190624143040p:plain
ママ

年齢にもよって変わるけど、「車の中ではチャイルドシートに乗らなければいけない」ということ、「今は抱っこできないということ」を泣いたとしてもしっかり教えてあげよう!

それでもだめなときは、一旦車をとめて外の空気を吸わせてあげよう!

 

また、車の中から外へと目線を変えてあげることもとても効果的でした。

鳥や動物、山や海など外の世界にはたくさんの楽しいことがあります。

 

チャイルドシートに乗ることで楽しいことやおもしろいことがあるんだということを気づかせてあげるといいと思います。 

 

普段の生活から慣れさせる作戦 

チャイルドシートに乗るのが怖いのにパパママと離れたらもっと不安になりますよね。

だからそばにいて、チャイルドシートに乗ることに繰り返しチャレンジさせてあげたら少しずつ慣れてきました。

f:id:ce-ciel:20190624160154p:plain
ママ

お部屋の中でチャイルドシートに乗せてあげたり、車を走らせていない状態でチャイルドシートに乗せたりして、子どもたちとしっかりかかわれる状態で普段の生活の中でトレーニングしてみよう!

 

パパママはもちろんですが、双子ちゃんってもう片方は相方みたいなところがあったりもする場合が多いので、二人で一緒にトライすると楽しいかなと思います。 

 

チャイルドシートのタイプ

チャイルドシートには、種類があります。

取り付け形式

シートベルト固定式

チャイルドシートにシートベルトを固定して使うタイプです。

 

ISOFIX式

ISOFIXは、「2012年7月以降発売の乗用車」に標準装備されているチャイルドシート取付方式で、取付が簡単で取付ミスが少ないことがメリットです。
2012年(平成24年)以前の車に乗られている方は、「シートベルトタイプ」のチャイルドシートしか選べませんのでご注意ください。

 引用:チャイルドシートの選び方は悩まない!確認するべき5つのこと

 

固定型と回転型

シートが回転するタイプのチャイルドシートと回転しないチャイルドシートがあります。

どちらが使いやすいかは好みもあると思うので、気になるチャイルドシートがあれば、そのあたりもしっかりチェックする必要があると思います。

 

我が家はISOFIX式で、シートが回転するコンビのチャイルドシートを使っていました。

ISOFIX式はしっかりと固定すれば、ずれにくいですが固定が緩いとグラグラしてしまうので注意が必要でした。

回転型は、赤ちゃんを乗せやすい向きにも変えることができるのでその点すごく使いやすかったです。

 

 

 

 

 

チャイルドシートの組み合わせ

取り付け形式や固定型回転型のほかに、チャイルドシートには対象年齢が存在します。

新生児から使えるもの、使えないものもあります。

どの年齢のシートを使うかによって、買い替えが必要か必要でないかが変わってくるので、今回はパターン別にチャイルドシート特集を組んでみました。

 

【Aパターン】18ヵ月前後で買い替え

①新生児用またはそれに近い年齢対象のチャイルドシートを使用

②1歳~は11歳まで使えるチャイルドシート(ジュニアシート)に買い替える

対象年齢:0ヶ月 ~ 18ヶ月頃

安全性とデザイン性のドイツブランド商品になります。

このチャイルドシートはシートベルト固定とISOFIX(専用ベース)のどちらでも使用することができます。

ただ、しっかりと固定するためには、ISOFIXを使用したほうがいいのかなと思います。

18ヵ月間の使用ですが、新生児のために作られたチャイルドシートなので、 サンキャノビー付きです。

Amazonレビュー まとめ

 

・サンキャノビーでシートをもったときも軽い

・セットしやすい

・専用ベースは必須

・赤ちゃんが包み込まれて気持ちよさそう

対象年齢:1歳~11歳頃

ヨーロッパの安全基準をクリアしている、1歳から長く使えるチャイルドシートです。

年齢によってシートを3つに変えることができます。

①チャイルドシートモード

②ジュニアシートモード

③ブースターシートモード

5段階の高さ調節も魅力的ですね。

Amazonレビュー まとめ

 

・しっかりした作りになっている

・1歳は少し支えが必要そうだが、2歳からは最適だと思う

・横幅を取らないから使いやすい

 

【Bパターン】4歳前後で買い替え

①新生児~4歳までは同じシートを使う

②4歳~11歳まで使えるシートに買い替える 

対象年齢:新生児~4歳頃まで

回転型 / ISOFIX固定式

新生児のベッドが車にあるようなシートになるので、小さな赤ちゃんも安心して乗れそうだなと感じました。

リクライニングや回転もできるので、状況に応じて使い分けることができます。

4歳まで使えるというのは、早くなく遅くなくいい時期だと個人的には思いました。

また車の中は反射して日差しが強くなるので、日よけがついていると赤ちゃんにとってもうれしいですし、安心ですね。 

 

対象年齢:3歳~11歳頃まで

背中部分が取り外し可能で、大きくなったらジュニアシートにすることができます。

また身長に合わせて背もたれの高さを調節したり、ベルトの位置を調節したりすることが可能なので、小学生になってからも安心して使えそうなアイテムだと思いました。

楽天市場レビュー まとめ

 

・ シートベルトの肩の位置が内と外に調整できることで、首元に当たらない

・背が高くなっても使用することができ、子どもがよく眠れている

 

【Cパターン】7歳前後で買い替え

①7歳までは同じシートを使用する

②それ以降はジュニアシートを使用する 

対象年齢:新生児~7歳頃まで

0歳から使えるチャイルドシートの中では、対象年齢が7歳までというのは長くていいなと感じました。

着用義務は6歳までなので、一応これひとつあれば義務期間を過ごせますね。

汚れても洗うことができるので安心ですね。 

 

対象年齢:3歳~10歳 

こちらは3歳から使うことができるので、上のチャイルドシートを7歳まで使わなかったとしても、こちらのジュニアシートで十分使えると思います。

着用義務の期間は過ぎていたとしても、安全面を考えるとあったほうがいいのかなと思いました。

 

【Dパターン】0歳~12歳まで買い替えなし

こちらのチャイルドシートは12歳まで対応しているので、これ一台あれば、新生児からシート卒業まで使うことができて、とてもリーズナブルだと思いました。

対象年齢:0歳~12歳

ISOFIX対応なのでしっかりと固定することができ、高さ調節も9段階まですることができます。

ジュニアシートのように背もたれなしにはできないようですが、赤ちゃんの頃は肩ベルト、大きくなったらシートベルトと体を固定するベルトも変えることができます。

 

小学生になり、いつまでシートを使うかはわからないので、正直あまり買い替えたくないという方も多いと思います。

これなら、子どもたちが嫌がらない限り使い続けられそうですね。

 

【まとめ】赤ちゃんの成長を考えたシート選びを

 双子の場合はチャイルドシートがふたつ必要です。

でも決して安いわけではなく、チャイルドシートを2つ用意することは容易いことではありません。

 

安全面、子どもの成長、買い替えがあった場合も想定したチャイルドシート選びが必要になります。

 

必ずしも子どもたちがずっと同じシートに乗ってくれるとは限りません。

我が家の場合も3歳半の時点ではすでにジュニアシートを着用しています。

子どもたちの好みや性格も様々です。

嫌がっても少しでも長くそのシートに乗ってくれるようにするにはどうすればいいのかを考えつつ、チャイルドシートへの知識を深めて柔軟に対応できるようにすることが大切です。