My Treasure~双子ちゃんが教えてくれたこと~

双子妊娠、出産、育児。双子育児に悩んでいる人へ

月齢別!双子の沐浴、こうやって乗り切った~必要なものリストや実際に行った沐浴方法からオススメグッズまで~

 

 

ミルク、おむつ、睡眠、そして沐浴。

双子の沐浴はいったいどうすればいいのか悩む方も多いのではないでしょうか。

妊娠中病院で沐浴の方法を教えてもらうこともありますよね。

出産準備として考えなくてはいけませんが、いざスタートとなると想像と違うこともあると思います。

 

今回は私が実際に行っていた月齢別の入浴方法や必要な物リストに加え、悩みを解決してくれそうなベビーバスなどを紹介しています。

f:id:ce-ciel:20190706131843p:plain

沐浴はいつ?

我が家は旦那さんのお仕事が2交代勤務であったこともあり、基本的には赤ちゃんのお風呂はパパのお仕事で、できないときは私が沐浴をするようなスタイルをとっていました。

ベビーバスを使っていました。

f:id:ce-ciel:20190624160238p:plain
パパ

あーちゃん、お風呂終わるよー!

 

 

f:id:ce-ciel:20190624114721p:plain
ママ

OK!次、くーちゃん連れて行くね

 

 

赤ちゃんの沐浴は必ずしも夕方や夜にやらなければいけないということはありません。

昼間だって大丈夫です。

赤ちゃんの負担にならない時間帯にお風呂に入れてあげて、清潔を保ちましょう。

 


はじめての沐浴~赤ちゃんのお風呂の入れ方~

 

赤ちゃん用のお風呂を用意してよかったこと

まだ我が家の子どもたちが赤ちゃんだった頃、ベビーバスを使っていてよかったなと思ったことがいくつかあります。

・大きなベビーバスを使用していたので『一回一回お湯を貯めて、使ったら流して』を二人分行うは大変でしたが、衛生面は保てたと思う

・赤ちゃんがベビーバスでうんちをしてしまうというトラブルも発生しましたが、大人も使う浴槽じゃなかったので対応も楽だった

・赤ちゃんのお尻がベビーバスの底につくため、安心だし体を支えるのも楽だった

・時間帯を気にせず沐浴させてあげられる

・通常の沐浴タイム以外にも、体が汚れたら入れてあげられた

・大人と入れるのは不安だったので、その点も安心だった

 

大変だったこと

・中腰状態が続くので、足腰が辛い

・大きいバスタブはお湯をためすぎると、流すとき時間がかかる

・ワンオペの双子沐浴は赤ちゃんが活発になると、目を離すのが心配

・ベビーバスを使わなくなってからの入浴は行ったり来たりを繰り返すので大変だった

f:id:ce-ciel:20190624144203p:plain
ママ

動きまわられると、いろいろと困るよー

 

 

活発な動きになってくると目が離せなくなるので不安も大きくなりますよね。

 

新生児の沐浴用品リスト

 おふろをスタートさせるときに必要なアイテムリストです。 

アイテム

必要な数

ポイント

ベビーバス

1

赤ちゃん用のお風呂を用意します。

今回のベビーバス特集では、育児中あったらよかったなと思うものを厳選して選んでいます。

洗面器

1

大きいタイプじゃなくても大丈夫です。

赤ちゃんの体を洗ったり、シャンプーをしたりするときにガーゼを濡らすためなどに使用します。

100均などのもので十分です。

・ベビーソープ

・ベビーシャンプ

1

赤ちゃんの肌はデリケートなので新生児から使えるものを準備します。

石鹸ではなく、泡タイプを使用すると片手で使えるのでオススメです。

・ガーゼタオル

・ガーゼハンカチ

1人1~2枚

1人2~3枚

沐浴中、赤ちゃんのお腹などが冷えないように大きめのガーゼと体を洗う用のガーゼハンカチを用意します。

体を洗うときは正方形のハンカチタイプのほうがその都度準備しやすいです。少し多めに準備しておくことで、いざというときに対応できます。

湯温計

必要であれば1

お風呂のお湯の温度を測るために、必要であれば用意します。

体温計

1

熱があるときは、お風呂に入ることができないので、沐浴前に確認すると安心ですね。

沐浴剤

1

ベビーソープなどを使わなくても沐浴ができるアイテムです。

参考サイト:沐浴剤を使う沐浴|沐浴剤スキナベーブ公式サイト

ひとりで新生児の沐浴をする場合

とにかく準備を万端にしておくことがポイントです。

用意するもの

アイテム

必要な数

ポイント

・バスタオル

・バスポンチョ

1人1枚

新生児はもちろんですが、バスドレスはとても重宝するので

持っていて損なしだと思います。

ベビーローション

1個

敏感な赤ちゃんの肌にうるおいを与えてくれます。

綿棒

消毒液

1ケース

1個

新生児のおへそのケアはとても大切です。

また耳などに水が入ってしまった可能性も考えられるので

綿棒や消毒液を用意してケアしてあげます。

清浄綿

1箱

目や口元を拭いたりして、清潔に保つことができます。

お風呂上りのケアや手などの消毒にも使えるので、一つあると便利です。

お尻ふき・おむつ

1袋

数枚

おしりふきは1袋、おむつは数日分まとめておくと楽ですね。

 

とにかくすぐとれる場所にひとまとめにしておきます。

脱衣所にセットを作っておくと便利ですね。

清浄綿は箱で売られているので、必要な分だけセットの中に入れておくと使いやすいと思います。

*私がやっていた新生児双子入浴法*

①お風呂セットをすぐとれる場所にセットする

②Aちゃんの服を軽く脱がせてバウンサーや座布団に寝かせてスタンバイ

(寒い時は毛布などでカバーしてあげるといいと思います。)

③Bちゃんを沐浴させる

④着替えをさせている間にベビーバスのお湯を入れ替える

⑤Aちゃん沐浴、Bちゃんはバウンサーや座布団へ

⑥Aちゃんを着替えさせる

*着替えは沐浴前に2人分用意しておきます

 

 

 

 

 

【5、6ヵ月~】寝返りができるようになったら

寝返りができるようになって、少しずつ動きがでるようになったら、さぁ大変! 

f:id:ce-ciel:20190624144203p:plain
ママ

座布団に寝せておいたのに、あんなところに・・・

 

 

その時期は脱衣所でバウンサーが大活躍します。

ただ、赤ちゃんによっては、慣れるまでちょっと泣いてしまうということもあるかもしれないので、バウンサーに少しずつでも慣れさせておくといいかもしれませんね。

対象年齢:新生児~4才頃

 

【6、7ヵ月頃~】おすわりができるようになったら

おすわりができるようになったら少しずつ同時に入れるステップへと近づいてきます。

f:id:ce-ciel:20190702142431p:plain
ママ

首も座ってお座りもできるようになったし、動きも活発になってきたし、そろそろ二人まとめてお風呂に入れたい

 

お風呂セットとして赤ちゃん用の椅子があるので、そのようなアイテムを使ってみてもいいのかもしれません。

 

対象年齢:3ヶ月~12か月

 

私はこの時期もひとりずつ順番にお風呂に入れていましたが、なかなか大変でした。

バスチェアーがあると、座らせながら体を洗うことができて、その後抱っこで同時にお風呂に入れることができます。

この椅子があったらもう少し楽にお風呂タイムができたのかなと思うと、少し悔しいですね。

 

【8、9ヵ月頃~】つかまり立ちができるようになったら

 我が家の場合は歩いたのが1歳8ヵ月と1歳9ヵ月でした。

つかまり立ちの期間がすごく長く感じました。

その期間のお風呂は、バスタブの淵に立たせて、2人同時に体を洗ってあげます。

 

この時期になると以前よりぐんと楽になったのを覚えています。

ただ、長い時間立っていられない場合もあるので、素早く綺麗に洗ってあげて、一緒にお風呂に入っていました。

入浴する手順

①ママが先に体をあらっている間、子どもたちは湯舟の淵につかまらせて待機

②子どもたちの体を洗ったりシャンプーをしたりする

(長時間立っていられない場合もあるので、できるだけ素早く綺麗に洗ってあげる)

③一緒に入浴する

④ママはラップタオル装着、子どもたちはバスポンチョを

⑤順番に着替えさせて、最後に自分が着替える

 

*必要なお風呂セットはあらかじめすべて用意しておく

*①②はバスチェアーを使ってもOK

 

あると大活躍!ママ&キッズのバスドレス

意外と忘れがちなのが、ママのラップタオル。

子どもたちの準備に気を取られているとついつい自分のことは後回しになってしまって、気づいたら育児が始まり、てんやわんやということも多くあるかもしれません。

フローリングの部屋は特にお風呂上りの状態で歩き回ると、床が水浸しということもあり、子どもたちが滑ってケガをする危険もあります。

そしてお母さん自身も風邪をひいてしまったらもっと大変になってしまうので、自分のためにも子どもたちのためにもバスドレスはあったほうがいいかもしれませんね。 

f:id:ce-ciel:20190702142431p:plain
ママ

バスタオルを巻くのも、ひと手間かかるのでラップタオルだと便利そう

 

子どもたちのバスドレスはあると本当に楽です。

ぱさっと頭までかぶせられるタイプだと、全身一度に拭くことができるので、とても便利で我が家も今でも毎日使っています。

 

【新生児用】シンクでも使えるベビーバス

ベビーバスって大きくて、お風呂で使うものというイメージがすごく強かったのですが、こちらのベビーバスはコンパクトでお風呂以外でも使うことができます。 

対象年齢:生後0ヵ月~生後3か月

 

アマゾンの商品ページに、実際のシンクを使っての沐浴動画があったのでぜひそちらもご覧ください。 

オススメポイント

・シンクや洗面台、お風呂でも使えるコンパクトなサイズ感なので大きすぎず使いやすいのではないのかなと思いました。

 [本体サイズ] 約幅63.4×奥行40.7×高さ23.6cm 

新生児の身長は男の子だと平均約49㎝、女の子だと約48㎝程度と言われているので、新生児の赤ちゃんたちが使うには十分なサイズですね。

・おしりストッパー付きなので腕への負担の軽減と赤ちゃんがずるっとさがったりすることを防止してくれるので、はじめての育児の時は特に魅力的です。

 

気になるところ 

・一応対象年齢は3ヵ月とされていますが、生後3ヵ月の赤ちゃんは身長も伸び平均約56㎝~66㎝と言われています。

性別やそれぞれの成長によって異なってくると思うので、生後3ヵ月だとどうなるか気になるところですね

 

腰への負担が大きく軽減

新生児の双子の沐浴は、同時にすることは難しいため、多くがひとりひとりされていると思います。

そうすると、中腰状態が続くので、腰や腕への負担がとても大きかった記憶が強く残っています。

沐浴以外の場面でも、赤ちゃんを抱っこすることもたくさんあるので、育児中の腰への負担はお母さんにとって、とても大きなものですよね。

 

f:id:ce-ciel:20190624114721p:plain
ママ

沐浴以外でも抱っこしたり、寝かせたりするとき腰への負担が大きいから、シンクや洗面台でも使うことができると負担が軽減されるね

 

サイズがコンパクトで必要なときにしっかり使えるベビーバスはうれしいですよね。

 

キッズプールになる折りたたみベビーバス

こちらのベビーバスは、ビニールなので使わないときは空気を抜いて、ビニールプールや浮き輪のように小さくコンパクトに畳むことができます。

対象年齢:0ヶ月~36ヶ月

 

そのほかにもプールや水鉄砲用に水をためるなどをして、ベビーバスとして使わなくなったら、 夏の水遊びようとしても使用することができるため、普通のベビーバスよりも利便性が高くて長く使うことができます。

 

少し大きくて、水を抜く穴がついているタイプ

 

オススメポイント

・ビニール製なのでコンパクトにまとまり、収納も楽

・空気で膨らませるため、赤ちゃんが沐浴したときも入りやすそう

・大きくなってからも、プールや水遊びの道具などとして長く使える

・90㎝あるので、赤ちゃんもゆったりお風呂タイムを楽しむことができる 

・真ん中に仕切りがあるので、赤ちゃんのずれ落ち防止にもなる

・旅行や帰省の際など外出する際にも持ち運べる

 

気になるところ 

・ビニール製は利便性が高いが穴あきが心配

・毎回膨らますのが大変そうなので、置き場所の確保は必要

 

場所をとるという悩みが解決

ベビーバスを使う期間が過ぎたあとの大きな悩みでもある場所問題も、このタイプのものを使うことで解決されていきますね。

またビニール製だとゴツゴツ感がないので、赤ちゃんが急に動いても安心だと思いました。

 

ベビーバスを使うのは長い子育て期の中でも本当に短い時間です。

その中で、場所をとるという悩みを解決しながら、そして安心安全に沐浴の時間を取れたら気持ちも少しは楽になりますね。 

 

【まとめ】沐浴が少しでも楽になりそうなベビーバスを

一時的だけど大切な沐浴用品なので自分の求めるポイントを明確にしておくと選ぶとき考えやすいかなと思います。

我が家のベビーバスはたくさん使いましたが、物置のスペースを結構取っています。

ベビーバスを一つの収納として考えて、その中にいろいろと詰めながらおいていますが、「まだまだ使えるので捨てるのも勿体ないな」という思いから綺麗に保管しています。

 

安心して赤ちゃんとお風呂に入れるまでベビーバスを使いたいと思っている方は、ベビーバスにも種類があってそれぞれいいところや気になるところがあることをチェックして楽しくベビーバス選びができたらいいですね。