My Treasure~双子ちゃんが教えてくれたこと~

双子妊娠、出産、育児。双子育児に悩んでいる人へ

先輩パパママに調査!歩行器は必要?不要?~メリットデメリットと使用ルール~

 

 

 

赤ちゃんが使うものと言えば歩行器もそのひとつですよね。

ただし、歩行器の使用にはいろいろな考え方があると思います。 

 

私も最初は歩行器は使わないと思っていた派でしたが、ひょんなことから歩行器を使っていました。

 

今回は私の体験談を含め、先輩パパさんママさんへの歩行器使用のアンケート結果をまとめました。

ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。

これから購入するかどうか検討している方にぜひ読んでいただきたい記事です。

f:id:ce-ciel:20190820161935p:plain

歩行器とは何のためにあるの?

そもそも歩行器とは、何のためにあるのかを考えてみました。

歩行器(ほこうき)とは、人の歩行を補助するための機器であり、歩行補助機器(Mobility aids)の一種。安定した姿勢の保持と転倒の防止が見込める[1]が、両手の使用に支障がないことが前提である

引用:歩行器 - Wikipedia

 

ただ、赤ちゃんの歩行器の場合だと少し異なってくる部分があるのかなと個人的には思っています。

赤ちゃんにとって歩行器は必要なものなのかどうかを考えてみました。

 

赤ちゃんが歩くために必要なこと 

①身体的な発達

ハイハイやつかまり立ち、伝い歩きなどのステップを踏んで少しずつ赤ちゃんは歩くための準備をしていきます。

歩き出す時期は平均して1歳前後~1歳半程度で、とても個人差が多くありますよね。

自分の体を両足でしっかりと支えられる筋力、バランス感覚など様々な発達が必要となっていくと思います。

 

②心の発達

体の成長とは別に心も歩くということが必要となります。

歩くのが怖い、手を放すのが不安と赤ちゃん自身が思ってしまうと歩くまでには時間がかかってしまいますよね。

自分で歩くんだという意思が赤ちゃんにも必要です。

 

③興味・好奇心

赤ちゃんが歩くためには興味をもつことも必要だと思います。

 

ずっと上や横を見ることが多かった新生児期を過ぎて、寝返りができるようになったとき、赤ちゃんの視野は逆転します。

そこでまた新しい世界を赤ちゃん自身が経験していきます。

それは立つことも同じです。

 

☆横たわれる場所で赤ちゃんの見える景色を経験してみよう!

・仰向けからうつ伏せになったときの感覚や見える景色
・少し首を上げてハイハイの時の赤ちゃんの見てる景色
・そこからさらに少し体を持ち上げておすわり期の赤ちゃんの景色
・赤ちゃん立った時に見えるであろう景色

 

たぶん同じ場所でこの4つを試してみたとき、すべて見える景色が違ってくるはずです。

f:id:ce-ciel:20190820223223p:plain
BABY

立ったらどんな世界が待っているんだろう?

 

 

 

赤ちゃんの好奇心が歩くというきっかけにもつながるということを知っていてほしいなと思います。

 

赤ちゃんにとっては見るものすべてが初めての出会いです。

赤ちゃんと一緒にその世界を楽しんで歩くための準備をしていけたら素敵ですね。

 

歩行器を使うメリット・デメリット

現代、歩行器を使うことは賛否両論があり、様々な考え方があると思います。

赤ちゃんが歩くまでの段階を踏まえた上で、自分の子どもにとって歩行器は本当に必要なのか、双子育児の観点からも追って考えていきたいと思います。 

 

メリット

・ 赤ちゃんが楽しめる

・ストッパーがある歩行器を使うと家事などをしているときも助かる

・視線が高くなり行動範囲も広くなる

 

デメリット

・場所の確保が必要

・安全面の配慮が必要

・使いすぎると ハイハイなど自分で動く時間が減る

・使う期間が短いため使用後の保管場所の確保が必要

・筋力が伸び悩む可能性がある

 

歩行器を使用してみた感想

私も、歩行器を使うことで歩くのが遅くなるということや足の形が悪くなるという情報をいろいろと聞いていたので、歩行器を使うことに関して抵抗があったうちの一人です。

 

マイナスな情報ばかりに気を取られて、柔軟に対応するということを忘れていたのかなと今考えると思います。

 

そんなある日、我が家に歩行器がやってきました。

私の両親からのプレゼントでした。

 

ひとりひとりの動くスペースは半減するものの、それぞれが歩行器に乗って遊ぶ日々がやってきました。

我が家の子どもたちは歩行器が気に入って乗って遊ぶことも多く、ストッパーを使えばその間に掃除などを済ませることができたので、歩行器を使うことってデメリットもあるのかもしれないけど、育児中には役にたつことも多いと感じました。

 

最初は歩行器に対して否定的な考えをもっていた私でしたが、目の前に歩行器があると子どもたちも喜んで乗ってくれるし、私としても楽しい気持ちになりました。

 

歩行器を使用した我が子の成長スピード

そのあとも歩行器を使って遊ぶ日々が続きました。

我が家の子どもたちが自分の力で歩けるようになったのは1歳8ヵ月と9ヵ月の時でした。

同年代の子どもたちがどんどん歩いていく中、なんだか取り残されているような気分になっていて、旦那さんがお休みの日は芝生のある公園などに連れて行って歩く練習をしていたのを覚えています。

歩行器を使っていたことだけが、原因だとは思っていません。

使っていなくても歩くまでの成長がゆっくりな子もいます。

f:id:ce-ciel:20190624114721p:plain
志衣

2歳が近くなってきて、なかなか歩かないから不安だな~

でも、これが我が子の成長のスピードなんだ

 

 

 

親子で公園に行って歩く練習をする時間がとても楽しくて双子の性格の違いや新しい発見もあったので、今となってはそれもいい思い出となりました。

 

 

 

 

先輩パパママの歩行器アンケート結果 

今回SNSで歩行器に関するアンケートの回答を募集しました。

育児や生活環境、考え方は十人十色です。

いろいろなお話を聞くことができたので、今回はそのうちのいくつかをピックアップして経験談などとまとめました。

 

今回アンケートにご協力いただいた方のお子さんの性別

f:id:ce-ciel:20190819213154p:plain

女の子:60%

男の子:40%

そのうち双子ちゃん以上が20%という結果になりました。

 

お子さんの歩行器の使用有無と歩いた年齢

Q.歩行器は使っていましたか?

f:id:ce-ciel:20190819213835p:plain

使用した:40%

使用しなかった:60%

育児の中で使用しなかったと答えた方が少し多い結果となりました。

 

Q.お子さんが歩いた年齢は?

1歳より少し前~1歳半

という結果が多かったです。

 

歩行器を使っていた方もそうでない方も今回のアンケートでは大きな差は見られませんでした。

 

先輩パパママの体験談

f:id:ce-ciel:20190624114721p:plain
志衣

歩行器を使っていてよかったことなどを教えてください

 

 

f:id:ce-ciel:20190820220119p:plain
Aさん

購入したけどほとんど使わなかったです

 

 

f:id:ce-ciel:20190820220115p:plain
Bさん

安定して立って歩けるので手が離せないとき楽でした

 

 

これから歩行器を使うか迷っている方にメッセージ

経験談を踏まえたメッセージをいただきました。

私自身も共感できるものやなるほどと考えさせられる内容まで、本当に様々でこれからどうしようか悩んでいる方にはとても貴重なお話だと思います。

 

・双子育児の場合は空いてを巻き込む危険性があるので、見守りの人が十分に足りるかなどよく考えてから購入されたほうが良いと思います

・あまり使わなかったので悩むなら、あまり必要性はないかもしれません

・そんなに高いものではないしシンプルなものは折り畳めてコンパクトになるので邪魔にもならなかった

・その子が「歩きたい」と思った時に歩けるようになるんだと思うので、あまり道具に縛られずに成長を見守るのが一番良いと思います。

 

 

まとめ

今回のアンケート結果をまとめると必ずしも必要があるというわけではなく、お子さんの安全面の確保がしっかりとできるのであれば、歩行器を使用することで楽だと感じることがあるということがわかりました。

ただ、育児中使っていなかったという家庭も半数以上あり、迷うのであれば使う期間も短いし特に必要がないものだというお話もありました。

赤ちゃん用の歩行器が歩くための機能をしているのかは私にはわかりませんが、ひとつのおもちゃとして考えてみるのはいいのかもしれません。

 

歩行器は歩行練習のためではなく玩具のひとつ

もし歩行器に必要性を感じた場合はそれぞれのライフスタイルに合わせて時間を決めて使っていくのもいいのかもしれませんね。

歩行器を使いすぎることなく、短時間で時間を決めて安全面に気を付けていくことが大切だと感じました。

 

歩行器を使うときのルール

①周囲の環境を整えて遊べるスペースを確保をし、転倒事故など安全面に配慮する
②長時間歩行器に乗せない
③歩行器に頼りすぎない
④基本的な使用方法を守る
⑤後天性股関節脱臼など体への影響が心配な場合は医師に相談してから使う
など

 

赤ちゃんが自分で歩きたいという意識を高めることが一番大切なことだと思います。

親子で楽しむ時間のひとつとしてメリットデメリットを踏まえた上で、お子さんに合わせて使う使わないを決めていけたらいいのかなと思います。